2008年01月13日

ホジュンの運気論

許浚(ホ・ジュン)著『東医宝鑑』の運気論

韓国の人気テレビドラマ『ホ・ジュン』で一躍有名になった”許・浚”篇著『東医宝鑑』は実に使いやすく、臨床家のために編纂された医学書だと思います。
『東医宝鑑』の書かれたいきさつは、http://ja.wikipedia.org/wiki/東医宝鑑 このサイトに詳しく書かれています。
この『東医宝鑑』の雑病篇の運気論について、今年の運気を抜粋引用してみます。

雑病篇(一)

一、天地の運気

33)六戊年 赫曦の紀

歳火が太過し、火暑が流行して、肺金に邪を受け、人身の疾病に瘧疾・少氣・咳喘・血溢・血泄・身熱・骨痛などの症状が滲淫するとき、『麦門冬湯』を使う。
『麦門冬湯』
処方:麦門冬・白止・半夏・竹葉・鍾乳粉・桑白皮・紫苑茸・人参 を各一銭、
甘草五分を挫作一貼して、薑三、棗二を入れ、水で煎じて服する。

二、六十歳運気の主な病気

一、子午の歳の場合

少陰司天、陽明在泉だが、気化運行は天に先立つ。『正陽湯』が良い。

「初気」 太陽が厥陰に加わって、春分前六十有奇を主管するので、関節痛、腰   痛、中外瘡瘍などの症状が流行する。
「二気」 厥陰が少陽に加わって、春分後、六十有奇を主管するので、淋疾、目赤、気欝、熱のある症状が流行する。
「三気」 少陰が少陽に加わって、夏至前後、各三十日有奇を主管するので、が逆上し、心が疼痛し、寒熱が入れ代わり、咳喘して、眼疾が流行する。
「四気」 太陰が太陰に加わって、秋分前六十日有奇を主管するので、黄疸と衂血があって、咽喉が渇き、痰飲を吐く。
「五気」 少陽が陽明に加わって、秋分後三十日有奇を主管するので、疾病が流行しない。
「終気」 陽明が太陽に加わって、冬至前後三十日有奇を主管するので、上体が浮腫し、甚だしいと血が溢出する。

『正陽湯』
処方:白薇、玄参、川弓、桑白皮、当帰、白芍薬、旋覆花、甘草 各一銭を挫作して、薑五片を入れ、水で煎じて服用する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
抜粋引用文献:『東医宝鑑』昭和53年3月15日初版発行 発行所:株式会社 サンケイグラフ社 発行人:上原金一 訳者:不明 序文は大塚敬節

posted by 椿菴 Ching-an ちんあん at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9416524

この記事へのトラックバック