2009年08月29日

天地人 参災  /お盆の供養

 このたびの兵庫県の「朝来市」ならびに「佐用町」などの災害はただの天災でははない気がする。
 災害に遭われた方、亡くなった方にお悔やみとお見舞い申し上げます。
我が実家も床下浸水でお盆休み返上で災害復旧に明け暮れました。
本当は刻々と報告したかったのですが、毎日疲れてそれどころではなかった。
asa_0089.JPGクリックすると写真が拡大
  朝来市の新井(にい)立野間の新橋の崩壊は、目撃者の証言によると、そのダムに上流から流れて来た間伐材やかっての台風の時の倒木の放置された流木が新橋に絡み付き橋がダムのようになり、そのダムがまた溢れ、右は立野地区、左は新井地区に流れ込み、町が川原と化した。 流木が家を突き破ったところもあるらしい!
 奥地では道路も流され陸の孤島となり、土砂に埋もれた家屋、一人暮らしの90才の老婆が畳ごと流され、あわや発見され助かったと云うことも聞く。
asa_0281.JPG流れ着いた流木の山々
 この橋が陥落して、一気に町の中に流れ込んだ濁流は減っていったそうだ。
昔の橋は流れるように作られていた。 しかし、今の橋は流れに抵抗するように作られている。
 どんな大水がきても潰れないような橋を作ろう! 
でも、自然を甘く見ちゃだめよ! 絶対と云うことはあり得ない。
 大水が来ると回転するような橋を造れば、水の抵抗を受けなくて済む。 しかし、いつそのスイッチは働いて回転するタイミングを計るのかが問題かもしれないけど、、、
asa_0296.JPGasa_0307.JPG
 橋にへばりついた流木はダムを造り、水流を変えて堤防を刮げとる。
asa_0353.JPG
 数年前の台風で山々でなぎ倒され放置された倒木や間伐して見捨てられた木々が濁流とともに河川に流された。
asa_0367.JPG
 杉や檜はこんなに根が浅い! ほんの表層の土にしか根を張らない。 そしてちょっとした豪雨で表層の土が流されると根こそぎ倒れるし、風にも弱い。こんな斜面には自然木が適しているはず。野生動物の住処としても。
 かって、どこかの研究者が人工林の木と、自然木を牽引して倒れるまでの強度を調べた結果、自然僕の方が遥かに強固だったらしい。
asa_0391.JPG
 こんなに小さな谷間でさえ、こんなに倒木が流れ出している。
asa_0397.JPG
 そして溢れた河川は流れを変え、土砂は田畑を覆い川原と化す。
これらは古より繰り返されて来たことだが、この土地で糧を得て、ご先祖様から受け継いだ土地を守って来た人々に取っては愕然とすることだろう!
asa_0399.JPG
 しかし、その災害でさえ利益を被ることもあり得る。
洪水で流された山々や上流の田畑の肥沃な土が、下流に三角州などを作り、そこが田畑になり、また村になり、また町になると云うような、、、
asa_0080.JPG
田畑の土は流され、下流に汚泥の層を作った。
幸い、我が家の畑は、キウイーフルーツのジャングルの御蔭で上流の肥沃な土だけが、そのジャングンルのフィルターに掛けられ、適度に畑を潤してくれたのように思える。
 もうぼちぼち土寄せしないと思っていた畝に適度に土寄せしていただいた。
このキウイーフルーツに木は30数年前に亡くなった親父が植えてくれた木である。 ご先祖様へ感謝!?

 ご先祖さんは、今は仏さんかも知れないけど、生前はただの普通の人だった。
そのご先祖様はその時のその場しのぎで、自然の熊や猪、鹿などのことも考えず、
その当時の国の政策におどらされてか、どうか知らないけど、山一面を杉や檜の山林にしてしまった。 そして保水力の少ない森林にしてしまった。
 
 南無!?


 

 
posted by 椿菴 Ching-an ちんあん at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月13日

朝来市 大洪水 /今年の運氣

IMG_0091.JPG写真をクリックすると拡大
  8月9日(旧暦・太陰暦6月小16日)未明、朝来市は大洪水にのまれた!
この映像は、8月10日のものです。
この橋のたもとの電気屋さんのご主人が洪水にのまれ亡くなった。
 お悔やみ申し上げます。

 この「ような災害は「伊勢湾台風」以来だ。
各地で「伊勢湾台風50周年記念」イベントが開かれるようだ。
 このとき私は10才だったか、何か興奮して。洪水の町中を歩き回った記憶が有る 。 近くの白鬚神社のケヤキの大木がなぎ倒され、まるでクジラが横たわてっいるよだった。
我が家の被害は床下浸水、親父がひたすら床下に石灰を撒いていた。
IMG_0087.JPG

 しかし、今回は流木が多すぎる。
恐らく、2年?前の台風の時のなぎ倒された檜や杉の木または間伐材が放置されたままになった木々が流木となって被害を増発したに違いない!
 杉の木などは根が浅く保水力も少ない。
しかも、この朝来市はは8〜90%が植林された山々に囲まれている。
若い人出は町に住み、安い輸入材に押され森林の価値も無くなり放置された山々。
 
IMG_0088.JPG

 佐用町は被害が大きいから、兵庫県から災害援助指定区域になったが、朝来市はまだましだから、援助は今のところは後回しになりそうである。
 なんとか住民が政治の力を得るよう、立ち上がらなくては!
今度、30日の選挙はどなたが立ち上がるのか!?
IMG_0094.JPG

 しかし、今年の運気論、当たりどうしですが、今後の運氣やいかに??
台湾、並びに中国でも被害が続発ですが、、、
 国内でも東海沖地震に繋がりそうな地震も起きているし、、、


posted by 椿菴 Ching-an ちんあん at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月01日

7月23日・大暑〜9月23日・秋分の運氣

 新型インフルエンザは世界的には未だに増え続けているが、マスコミももう飽きたのか小さな記事しか出ていない。世間もこのくそ暑いのにマスクなんか付けておられるかい! マスク屋さんも大量に生産していると思われるが、その目論見やいかに?
 二の気での後半に雨が多いと云うのは当たっていましたね!
7月後半から各地で大雨で土砂災害や竜巻が発生したり、今年は例年に無く梅雨明けが遅く、8月にずれ込むであろうということだ。
 「例年にない」この例年とは太陽暦の上でいっていることで、太陰暦(旧暦)から観るとそんなに異常ではないはずだ。
 旧暦では今年の五月は閏月(うるうづき)があり、五月が二回もある、ここでうまく足並みを揃えている。
 新暦5月24日が旧暦5月1日(大朔日)で、新暦6月23日が再び旧暦の5月1日(小朔日)〜新暦7月22日が旧暦6月1日(小朔日)となっている。 




四の気:7月23日・大暑〜9月23日・秋分(7月18日・甲子〜9月16日・甲子)

7月18日(旧5月26日)甲子(一説にこの日から四の気が始まる)
7月19日(旧5月27日)乙丑・土用の丑
7月23日(旧6月 2日)己巳・大暑(暑気が極みに達する・四の気始まる)
7月31日(旧6月10日)丁丑・土用二の丑
8月 7日(旧6月17日)甲申・立秋(秋立つ日、まだ暑いが暦上秋始まる)
8月23日(旧7月 4日)庚子・処暑(残暑がしばらく留まる、朝夕秋の気配)
8月26日(旧7月 7日)癸卯・七夕 *凾ュず藋(ソクズ)採集日(9/26王不留行)
9月 7日(旧7月19日)乙卯・白露(秋本格的になり、草木に露が白く付く〕
9月16日(旧7月27日)甲子(一説にこの日から五の気が始まる)
9月23日(旧8月 5日)辛未・秋分(この日より夜が長くなる・五の気始まる)

* 四の気は:(運気論の本文)

畏火 臨み、溽蒸 化し、地氣 騰り、天氣 否満す。

寒風 暁暮 蒸熱 相薄りて、草木 煙を凝らし、濕化流

れ不れば、則ち 白露 陰かに布いて、以て秋令を成す。

 民の病:

ソウ腠理熱し、血 暴溢し瘧し、心腹 満熱し、臚脹す。

甚だしきときは則ち胕腫す。


 四の気:(注釈文)主気は太陰濕土、客気は少陽相火

 畏火は相火と同じで暑さが激しくなり、主気の太陰濕土の上に客気の少陽相火が居座るので、濕熱が燻蒸して地上の陰の気が昇り蒸し暑くなるが、秋が近づくにつれて、在泉の太陽寒水の寒氣が上昇して朝と夕方には寒風と湿気が相迫って草木に霧がかかり、客気の少陽相火の気が太陰濕土の気を制圧するので、白露がおりて秋となっていく。

 この時期に人々の病は:
皮膚に熱がこもり、皮膚病が酷くなり、あちこちから出血したり、熱が出たり引っ込んだりする瘧サメ(瘧病)が流行り、胸や腹に熱がこもり、酷くなるときは身体が浮腫む。
 
 注意:この時期は、例年より暑さや湿気が多くなると思われるが、冷房や冷飲食を過ごし、よく汗を発散しないと身体に隠った熱気の行きどころがなくなり、皮膚病や心臓また胃腸の弱い方、またむくみやすい方は特に注意が必要である。
posted by 椿菴 Ching-an ちんあん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記